2011年07月16日

さくらとゆい君 ついに初対面!

久しぶりにさくらがポチ森にやってきて、お泊りした。
ついにゆい君とさくらが初対面した。bigDSC05263.jpg
さくらは小さい頃から、サラダと姉妹のように仲良しで、サラダのことをお姉さんのように慕っている。
ゆい君は、ポチ森にきて半年いつもサラダと一緒、いっぱい遊んでもらいサラダを独り占めしてきた。

さてさて、やきもち焼きのさくらと超甘えっこのゆい君、仲良くなれるかな?

はじめは、リードして適度な距離を保ちながら、「こんにちは、はじめまして」
サラダが、とっても上手にふたりの距離を近づけてくれた。
サラダは「みんな家族なんだよ!」とふたりに家族意識を教えているようだった。
いつのまにかふたりは、じゃれあっこして遊んでいた。

bigDSC05250.jpg bigDSC05253.jpg

bigDSC05255.jpg bigDSC05262.jpg

サラダが、さくらとゆい君に大切なことを教えてくれた。
そんな光景をそばで見守っていた苑長は、微笑ましくて思わず何枚も写真を撮っていた。
posted by ポチ森スタッフ at 12:05| 日記

2011年05月26日

ゆい君日記

ゴールデンのゆい君、縁あってポチ森で暮らし始めて4ヶ月が過ぎた。
生まれつきの人懐っこさから、来苑者があれば人にもわんちゃんにもしっぽをちぎれんばかりに振って喜び、
甘え上手からサラダにとっても可愛がってもらい、
いたずらっこからいつ会ってもお腹と足は泥だらけ
そんなゆい君、すっかりポチ森での生活を満喫しているるんるんるんるんるんるん

今日はゆい君、苑長とアジリティーの練習!
bigDSC05224.jpg
上手にできてほめてもらった時、目を細めて得意気な顔をする。
ゆい君は、いつも笑っているような表情をしている。
bigDSC05225.jpg bigDSC05230.jpg
泥だらけのお腹と足をプールで洗ってもらった後は、サラダの隣でしばしスースー眠い(睡眠)休息、充電中!のゆい君でした。
posted by ポチ森スタッフ at 12:03| 日記

2011年05月19日

納得の本紹介します(#^.^#)

今日は、納得の本を二冊紹介したいと思います。
2007年に発売された『飼育マニュアルに吠えろ!』青山出版社
そして今月発売されたばかりの本で、『幸せを運ぶ犬からのメッセージ』ペットライフ社
smallP1040005.jpg smallP1040006.jpg
著者は、ともに石川利昭さん
犬好きの方なら知っている人も多いかもしれません。
石川さんは、ムツゴロウ動物王国で30余年に渡って活動され、現在北海道の中標津で奥様と「石川百友坊」を運営、多くの犬、ネコと共生生活を送っていらっしゃいます。

さてさてペットブームの中、本屋さんの棚には、様々な犬の飼育書が並んでいます。
今まで何冊か読んできました。でも納得できないことが多い・・・たとえば
犬は味覚オンチです。
ほんとかな〜???美味しいものは、しっかり知っているような気がする!好物を目の前にした時のよだれの量はすごい。リンゴが大好きな我が家のわんこ、蜜が入った旬のリンゴは、食べっぷりが違う

外出前は、無視、黙って出かけましょう。
そうなの・・・???「行ってくるね、待っててね。お利口にお留守番しててね」
私は、今までずっとそう声をかけ出かけてきた。犬は、お留守番なのか、一緒にお出かけできるのかちゃんと判断して行動できる。今では、お留守番と言われただけで、ハウスに入って行く。ちゃんと声をかけないと犬は納得して待てない気がするけど・・・

帰宅した時は、犬が落ち着くまで知らん振りしましょう。
えっ!あんなに喜んでいるのに・・・???「いい子にお留守番できたね」と言ってほめてあげたほうがいい子になるのに・・・

ソファに上がらせてはいけません、人間より上に上がらせてはいけません。
でもソファーで寝ている時の気持ちよさそうな、幸せそうな寝顔を見たら、「いけない!!」とは、絶対に言えない!ソファーに上がったからといって、犬は人間を見下したりなんかしないのにな・・・

家族よりも先にご飯をあげてはいけない等など納得できないことが多い、かといって犬飼育歴三頭目の素人の私に人を説得できるわけでもなく、歯がゆい思いでいたところ、ふと立ち寄った図書館で『飼育マニュアルに吠えろ!』という本を見つけた。
その本は、2000匹以上の犬と接してきた著者が、現在の飼育書・しつけ本に真っ向から反論した本だった。
石川利昭さん・・・当時は知らなかったが、読み続けるうちに「そうだよね、そうだよね、私、間違ってなかったんだ!」って嬉しくなってしまった。
私の話には、半信半疑だった主人も、この本のおかげですっかり納得してくれた。

そして今回その石川さんがまた本を発売したと知り、早速読んでみた。
それが『幸せを運ぶ犬からのメッセージ』だ。
またまた納得の本、思わず笑ってしまったり、うんうんとうなずいてしまったり、最後まで一気に読み見上げてしまった。
このブログに目を通してくださった方、是非是非読んでみてくださいね。『飼育マニュアルに吠えろ!』は、美濃加茂市の東図書館にありますよ(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 17:32| 日記

2011年04月06日

ポチ森から祈りを込めて・・・

東日本大震災のあまりにも大きな被害の報道がニュースから流れるたびに自然の怖さを感じる日々の中、暖かい日差しが体を包んでくれ、どこからか春の心地よい風が吹いてくるようになりました。

自然の恐ろしさと優しさの中で人間は生きていることをあらためて気付かされています。

地震から3週間後屋根の上で漂流していて救助されたわんちゃんの報道で、救助隊員の方が「よかったな〜」と毛布に包まれたわんちゃんにかけた温かい声が今も心に残っています。

家族を失った方の心の中は、計り知れないし、想像を超える苦しみだと思います。
家族と離れてしまったわんちゃん達は、どうしようもなく不安で困っていることでしょう。
それでも今被災地は、温かい心できっといっぱいだと思います。
頑張って!とはとても言えませんが・・・
私も自分ができることを少しでも考えて日々生活していきたいと思います。
そして、一秒一秒を大切に過ごしていきたいと思います。

被災された皆様、わんちゃん達に、少しでも早く穏やかな生活がもどりますよう、
そして救助に携わっている方々が安全で健康でありますよう
ポチ森からも応援、お祈りしています
(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 11:57| 日記

2011年03月21日

ゆい君シャンプーしてもらったよ♪

ゆい君、今日は、美容室の美保ちゃんにシャンプーをしてもらった。
ポチ森に来て二度目のシャンプー!

bigDSC05144.jpg bigDSC05145.jpg

性格がとっても穏やかなゆい君、シャンプーしてもらう時もじっとしている。
人を見るとしっぽが振れてしまうから、洗ってもらっている間もしっぽフリフリるんるんるんるんるんるん
毎日グランドでサラダと遊び回っているゆい君、体毛の色が茶色なので汚れが目立たないが・・・
シャンプーの泡は茶色になっちゃった。

二時間かけてすっかりきれいにしてもらったゆい君!
イケメン君になりました。
posted by ポチ森スタッフ at 08:37| 日記

2011年03月07日

サラダに可愛い弟分ができたよ♪

ゴールデンのゆい君がポチ森にやってきて1ヵ月半近くになる。
ポチ森にきた時6ヶ月だったゆい君もどんどん成長して、まだまだ大きくなる勢いだ。

もうすっかりポチ森に馴染んでいる。
甘え上手の可愛い弟分ができてサラダも毎日楽しくて仕方がないるんるん
ゆい君も面倒をよく見てくれ遊んでくれるサラダ姉さんが大好きみたいだハートたち(複数ハート)

bigDSC05141.jpg bigDSC05143.jpg

ゆい君は生まれながらにして素晴らしいセラピー犬になる素質を持っている。
そばにずっと置いておきたいくらいの癒しNo.1のゆい君だ。
現在苑長と毎日いろんな訓練をして頑張っている。
将来がとっても楽しみだ(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 11:42| 日記

2011年03月03日

『犬は人の笑顔がわかる』

つい先日中日新聞に『犬は人の笑顔がわかる』という記事が載っていた。
『犬犬は人間の表情を見分け、笑顔わーい(嬉しい顔)がちゃんと分かります。』
麻生大獣医学部の実験で立証され近くドイツの専門誌に発表されるらしい。

毎日犬と生活を共にしている愛犬家なら、この犬の能力はすでに日々感じていることだと思う。私も「やっぱりそうなんだ」とあらためて犬のすごさに感動してしまった。
犬が飼い主の表情から気持ちを読み取って、安心したり、心配したり、お利口にしていたり、わがままを言ってみたりする能力は本当にすごいと思う。ぜったいにごまかしたりできない。

そういえば・・・犬嫌いの人を見分ける能力も犬って持ってる気がしませんか!しかも瞬時に!
散歩中吠えられる人は、決まっている。きっと犬が嫌いな人なのだろう。
犬には心の中の声が聞こえてしまうのだろうか?
顔の表情も読み取っているのだろうか?
犬が嫌いな人のにおいってあるのだろうか?
不思議不思議exclamation&question

ちょっと話しはそれるが、『犬は言葉の中に隠れている気持ちも読み取ってしまう』ような気がする。
我が家のわんこは、体重23キロの中型犬!いつもポチ森で大型犬を見ている私は、大きく見えないのだが、ふつうはそうでもないらしく散歩中よく「大きい犬だね〜」と言われる。我が家のわんこは、その言葉があまり好きではない。なぜならその言葉の中に、多くの場合『恐い』という気持ちがふくまれているのを感じるからだと思う。
ただ感心するのは、その言葉の中に含まれている気持ちを読み取ってしまうことだ。
『大きくて怖い』という気持ちの人は必ず吠えられる。何度すれ違っても吠えられる。大きいから怖いなんて思っていない人から出た「大きいね〜」の言葉には反応しない。吠えかからない。「優しい顔してるね」なんて言われたらもうしっぽが振れてしまう揺れるハート揺れるハート揺れるハート

犬の能力を書き出したらきりがないし、とまらないのでこの辺で今日はやめておこう!
でもそんな犬の能力に出会えたことはとっても幸せなことだな〜と思う今日この頃です(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 19:22| 日記

2011年02月05日

雪とけちゃった・・・

wagayanowannko-rogo12.gif
今週はじめに降った雪もすっかり解けてしまった。
雪が大好きな我が家のわんこは、まだ残っている雪を見つけてはその上をわざと歩いて散歩している。

いつも行く公園の一画に日があたらない場所があり、3メートル四方ぐらいしかないが雪が残っている。今日もそこでお腹くっつけてシャーベット状になった雪を鼻の頭にくっつけてはしゃいでいたるんるんるんるんるんるん

「また雪が積もるといいね〜雪」とあんまり楽しそうに目をキラキラぴかぴか(新しい)させて遊んでいる我が家のわんこを見ると思ってしまう。
今年は、どんなに雪の上で遊んでも大丈夫なように、レインコートも買ったし・・・

思えば去年の雪の日の散歩といえば・・・家に帰る頃には、お腹は泥と雪でびしゃびしゃexclamationそのお腹についた雪は凍ってころころexclamation(我が家のわんこ6をよかったら読んでね)
今年の冬は、このレインコートの抜群の撥水性のおかげで雪の日の散歩がずっと楽になった。

bigP1030454.jpgまた雪が積もるといいね(#^.^#)




posted by ポチ森スタッフ at 15:17| 日記

2011年01月30日

サラダ雪だるまになっちゃった!

昨夜から雪が降り始め、今日は一日雪雪
ポチ森は、あっという間に辺り一面雪景色!

bigDSC05100.jpg bigDSC05101.jpg

サラダはそんな銀世界をいつも1番に独り占めるんるんるんるん
雪にお腹をくっつけて転がったり、走り回ったりダッシュ(走り出すさま)大興奮!

鼻の頭に雪つけて、雪だるまになっちゃった雪
posted by ポチ森スタッフ at 19:57| 日記

2011年01月19日

雪に大喜びのサラダ

ここ数日間雪が毎日降っている雪
雪が降るとテンションの上がるサラダるんるんるんるんるんるん
いつもと違うおどけた表情を見せる。

smallDSC04505.jpg苑長を起こすのが日課の早起きサラダ!
今朝も5時起床!

積もった雪を見たサラダは、布団の上でうずうずハートたち(複数ハート)

smallDSC03778.jpg

まだ薄暗い真っ白のグランドの中へ飛び出して行ったダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

posted by ポチ森スタッフ at 12:32| 日記

サラダと苑長の2011年のお正月

ポチ森オープン以来毎年苑長とサラダは、ポチ森でお正月を迎えています。

smallDSC04115.jpg今年も元旦の朝はまず二人でお参りしました。

昨年と変わらない穏やかな風景、変わらないことの有りがたさを感じながら、
今年も無病息災を願いました。


smallDSC05082.jpg

そして苑長とサラダ、奥様お手製のおせち料理で「あけましておめでとう!」
お祝いしました。サラダもお皿に取り分けてもらいペロリと完食。

今年もわんちゃん達の笑顔にいっぱい出会えますように・・・(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 12:27| 日記

2010年10月27日

こたつ恋しい時期がやってきた!

昨夜は午後から風が強く、冷たくなり、夜は寒くなった。今年の猛暑を乗り越えてきた体はきっと戸惑っているだろう。

寒がり家族の我が家は、今年も早めにしっかりこたつの用意をしていたので、さっそくこたつに足を突っ込んだ。
あったかい
wagayanowannko-rogo11.gif
我が家で育った我が家のわんこも当然寒がりだ。こたつに顔を突っ込んで満足気!

smallP1030223.jpg毎年のことだがお尻としっぽが出ているのには、笑えてしまう。
「やっぱりこたつはいいな〜」と言ってる気がする。

今年撮った写真と去年撮った写真がほとんど同じ・・・これもまた笑えてしまった。(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 11:27| 日記

2010年10月14日

我が家の『月下美人』が咲いた。

我が家の『月下美人』が咲いた。
我が家と言っても、実家で父が育てたものを、「もうすぐ開花するから」と言って、一週間ほど前父が持ってきてくれたものだ。

『月下美人』のことは、名前を聞いたことがある程度で、一度も見たことはなかった。
『月下美人』とは、サボテンの一種で、夜に花を咲かせ、一晩でしぼむという不思議な花である。

その『月下美人』が、10日の夜夜我が家で開花した。
純白で花弁を大きく広げて見事に咲いたぴかぴか(新しい)月明かりの下甘い香りを漂わせながら咲く姿は、名前のごとく『美人』であったぴかぴか(新しい)
そして本当に一晩だけの花、翌朝にはしぼんでいた。
bigP1030202.jpg  bigP1030204.jpg
あまりにも短い命のような気がするけれど、私たちの命も、長〜い歴史から見れば、ほんの一瞬なのかもしれない。そう思うと一日一日を大切に、出会った人を大切に精一杯生きていかなければと・・・とこの『月下美人』に教えられた気がする。
posted by ポチ森スタッフ at 01:07| 日記

2010年10月07日

車椅子のユウちゃんとタロウちゃん!

10月3日の日曜日柴犬のタロウちゃんとシュナウザーのユウちゃんがポチ森に遊びにきてくれました。

bigDSC04989.jpgユウちゃんには、片足がありません。1歳の頃交通事故で後ろ足を一本失ってしまいました。でも大切な命は消えませんでした。今のオーナーさんに引き取られ、その事故から約4年ユウちゃんは、一生懸命生きてきました。ユウちゃんは、排泄が出来ません。それでもウンチは、おむつの中ですることができます。おしっこは、オーナーさんが手で絞り出してくれます。ポチ森でユウちゃんは車椅子に乗って元気に遊んでいましたるんるんるんるん

bigDSC04990.jpgユウちゃんのそばには、いつもタロウちゃんがいます。タロウちゃんは、7歳になる女の子!ユウちゃんがお家にやってきてから、いつもいつもずっとずっとユウちゃんを守ってきました。ポチ森のグランドでもユウちゃんのそばから離れませんでした。

その日ポチ森のグランドにいたわんちゃん達は、そっと挨拶をかわした後は、どのわんちゃんも優しく接していました。ちょっかいをかけたり、いじめたりするわんちゃんはいません。場の状況、雰囲気を察することは、人間より優れているのでは?と思うほどです。

車椅子で生き生きと動くユウちゃん、ユウちゃんにいつも寄り添うタロウちゃん、そんなユウちゃんとタロウちゃんを優しく見守ったわんちゃん達の相手を思いやる心、そしてユウちゃんに対するオーナーさんの深い愛情にこの日のポチ森グランドは感動に包まれていました。

ユウちゃんとタロウちゃんは、高齢者施設、障害者施設、病院などを訪問してセラピー活動をしています。犬は、人間にとってなくてはならない存在です。犬の計り知れない力にわたしたちは、いつも助けられています。今日もどこかで人を癒し、人に勇気を与え、人を笑顔にしてくれるユウちゃんとタロウちゃんでしょう。

posted by ポチ森スタッフ at 00:46| 日記

2010年09月23日

我が家のわんこの怖いものTop3は・・・

wagayanowannko-rogo10.gif今日は早朝から雷雷昼過ぎまでゴロゴロ雷鳴っていた。
我が家のわんこは、雷雷が怖い。今日はちょっと落ち着かない日だった。

ふと我が家のわんこの怖いものに順位をつけてみた。
私の勝手な想像だが・・・雷は3位かな・・・犬は聴覚が人間よりかなり優れているので、私たちが聞こえる音よりもずっと大きな音がするのであろう。
雷が鳴ると、とにかく家族の誰かのそばにぴったりと寄り添っている。
座っている背中にぴったりと自分のお尻をくっつけて座ったりすると笑えてしまう。

2位は、きっと病院!病院病院への道順車(セダン)は知っている。だから5キロぐらい手前からもうそわそわ!!ある信号信号を左折するともう確信exclamationブルブル振るいだす。でも診察台の上では、何をされてもじっと我慢のいい子である・・・というか固まっているのかな?

そして第1位は、傘。何故だか分からない。推測するに・・・我が家のわんこが我が家にやってきたのは生後1ヶ月半の頃、きっとこの私が目の前で傘をパッと開けたのだろう・・・生まれてはじめての傘との出会いが衝撃的すぎたのだろう・・・

bigP1030156.jpgさてそんなことを考えていたら、雨も上がりやっと嬉しそうに散歩に出かける我が家のわんこであったるんるんるんるんるんるん
雨あがりに着るレインエプロンは嫌がらないから気に入ってるかしら?

昨日は中秋の名月、今日も雲の切れ間から満月満月が顔を出している。
明日は晴れるかな〜晴れたらいっぱい散歩に行こうね(#^.^#)

posted by ポチ森スタッフ at 23:22| 日記

2010年09月02日

サラダとさくら、今日も苑長と共にお参り!

ポチ森で葬儀をしていただいた縁あるわんちゃん達を弔うため、苑長は毎週お経を唱えお参りする。
small-DSC04115.jpgサラダとさくらもよく苑長の隣に座ってお参りする。

そんな時サラダとさくらは、苑長のお経が終わるまでじっと頭を下げ、一緒にお参りしているから感心してしまう。

小さい時からいつも一緒にお参りしているので学習したのでしょう。苑長の心がふたりに通じているのでしょう。そして、ポチ森に眠る亡き友のことを想っているのでしょう。

そしてお参りが終わり、苑長から「ありがとう。ごくろうさん」と声をかけてもらうと、サラダとさくらはとても満足そうな顔をしている。

そんなサラダとさくらに毎日癒され、苑長の心はほぐれていくのです

posted by ポチ森スタッフ at 10:36| 日記

2010年07月26日

僕のお気に入りマイプール♪

wagayanowannko-rogo9.gif毎日暑い!とにかく暑い!ギラギラ太陽晴れが照りつけ、我が家のわんこは、最近散歩にも行きたがらない。
そこでふと名案exclamation×2娘が小さい頃に遊んでいたビニールプールを出して、何年かぶりに空気を入れ、水を入れてみた。

そらその様子をじっと部屋の中から見ていた我が家のわんこは、興味津々exclamation&question
まず右前足でそっと水をかき、次に両前足、次に後ろ足とプールに入ってみた。それから嬉しそうにバシャバシャ、ブルブル、顔まで水につけて遊んだ。

ポチ森のプールのようにはいかないが、体が冷やされ、気持ちよさそうだ。

庭でビニールプールの水が太陽できらきら光っているぴかぴか(新しい)
何故だかにっこりしてしまった(#^.^#)

posted by ポチ森スタッフ at 00:24| 日記

2010年06月28日

犬ってどんな色の世界で生きているの?

最近ちょっと気になっていることがある。
犬ってどんなふうに世の中が見えているのだろう?
どんな色の世界で生きているのだろう?


私が犬をはじめて飼った頃・・・約30年も前のことだからかなり昔の話だが、「犬は色盲、白黒の世界」と言われていた。だからずっと「そうなんだろうな〜」と思ってきた。でも最近我が家のわんこを見ていると「犬って色が分かっているかも・・・」と思うようになってきた。

我が家のわんこは、以前ブログでも紹介させてもらったことがあるが、野菜・果物が大好きだ。
今回はその中のリンゴとトマトのお話。
我が家のわんこ、野菜が大好き!とは言っても苦手な野菜もあり、りんごは大好きだが、トマトはちょっと苦手。だからリンゴをシャキッと切る音がするとどこにいても飛んできてダッシュ(走り出すさま)お座りするが、トマトを切る音には全く無関心。

ところが冷蔵庫からトマトを取り出すのを目目で見ると、嬉しそうぴかぴか(新しい)に急いでお座りする。
赤いトマトリンゴと間違えているのだろうか?それとも丸い形からリンゴと間違えたのだろうか?いやなら玉ねぎも丸く大きさも似ている、でも玉ねぎとリンゴは間違えたりしない。ということはやっぱり赤いトマトと赤いリンゴが同じに見えるのだ。
赤い色が分かっているとしか思えない。
赤く見えていないにしても色の区別がついているような気がする。

そんなことが続いたので、「犬の目」についてネットで調べてみた。説は色々・・・
★青・緑・その混合色を見ており、「赤は認識できない」
★灰色と緑が分かるくらいでほとんど色盲
★少なくとも光の三原色「赤・青・緑」は認識している
等など諸説があった。
確かなのは人と犬の見ている世界は違う。
本当のところはまだ解明されていない。ということのようだ。


結局犬がどんな色の世界で生きているかは、私にとっては謎のままであるが、我が家のわんこは、今日もトマトをリンゴと間違えて、嬉しそうな顔をしてお座りしている。りんごじゃなかった時のがっかり顔たらーっ(汗)がかわいそうなので、最近冷蔵庫からトマトを取り出すときは見えないように気をつけている。

でも学習能力が優れている犬のこと、間違えを繰り返しながら、いつかきっとトマトとリンゴの区別をつけることだろう。どこで区別をつけるのか、ちょっと楽しみな私です(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 00:56| 日記

2010年06月24日

苑長、朝から大忙し!

苑長 サラダ
 
梅雨雨の時期に入り、苑長はますます忙しい毎日を送っている。
今日は朝から久しぶりに青空が広がり、ポチ森も木々がきらきらしていた。
そんな中苑長は、グランドの整備をしていた。
昨日までの雨でベチャベチャのグランドを鍬で掘りおこしながら整備していた。
そうすれば早く水がはける。
お天気になってわんちゃん達が遊びにきてくれた時に、快適に走り回れるようにとの苑長の思いからだろう。

今日明日は晴れの予報晴れポチ森大好きわんちゃん達が楽しい時を過ごせますように(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 10:57| 日記

2010年05月19日

みんなでいい汗かいたよ♪ポチ森ウォーキング

5月16日、日曜日、ポチ森ウォーキングが開催された。

ポチ森を囲む3.2キロの新緑の山道を愛犬とのんびり歩くコースということで、今回は私も我が家のわんこと参加させてもらった。

朝からとってもいいお天気晴れ日陰は涼しく日向はぽかぽかのウォーキング日和!そんなお天気の中、朝からぞくぞくとわんちゃんが集まってくれ・・・とはいかずだったが・・・それでもわんちゃん7頭と家族の皆さんと元気よく出発した。

結太ポチ森営業部長の結太が先導してくれた。力強い足取りで歩くりりしい姿の結太、やっぱり結太はたくましくて優しい。私が犬だったらきっと惹かれていただろう揺れるハート揺れるハート

はじめは、ずっと下り坂、下った先は辺り一面田んぼ、田植えのシーズンだった。7頭の犬の行列はちょっとめずらしいので、みんなの手がちょっと止まったように見えた。

平坦な道をぬけると今度はゆるい上り坂が続いたあせあせ(飛び散る汗)こんな道は、ひとりで歩くよりリードをひっぱっていた方が楽!犬に引っ張ってもらっているつもりはないが、一人で歩くのと速さがぜんぜん違ってくる。「だから犬との散歩は知らず知らずいっぱい歩けるんだ。そしてやっぱり愛犬と一緒は楽しい。だから犬の散歩は健康にもいいんだ!」なんて思いながら歩いていた。

時間にして一時間弱、ポチ森に到着した頃、みんな汗をかいていた。みんなでいっぱい気持ちいい汗をかいた。7頭のわんちゃんどの子も笑っていたぴかぴか(新しい)私がそう見えただけじゃなく本当に嬉しそうだったぴかぴか(新しい)

わんちゃん達のこんな声が聞こえてきたような気がした。
「今日はお父さんもお母さんもいっしょだ!」
「お兄ちゃんもいるな!」
「はじめてだけど、あのわんちゃんどんな子だろう・・・お友達になりたいな。」
「みんな笑ってるから嬉しいな〜」
犬ってみんな一緒だと本当に嬉しそうな顔をするるんるんそんな表情を見るとこちらも幸せな気持ちになってくる。ポチ森ウォーキングに参加して楽しい時間を過ごさせてもらった(#^.^#)

サラダ&苑長ポチ森警備部長として参加したサラダも苑長と一生懸命歩いていた。同じ犬種でも結太と比べるとちょっとふっくらとして小ぶりの体でやっぱり女の子のサラダ。普段グランドでのんびり派のサラダはウォーキングは久しぶり。普段忙しくてどうしても運動不足の苑長とふたり、いい運動になってよかったと勝手ながら思う。

帰るなり休憩休憩!のちょっとバテ気味のサラダだったが、ウォーキング中に撮った写真に写ったサラダはとっても生き生きとした表情をしていた。
posted by ポチ森スタッフ at 12:12| 日記