2009年06月18日

我が家のわんこはおまわりさん!

wagayanowannko2-rogo.gif我が家のわんこは、今時貴重な雑種の2歳半の男の子。朝夕の散歩が今では大好きなわんこである。

何故今ではかというと・・・1歳半くらいまでは、家の敷地から一歩も外に出ないくらい用心深くて怖がりなわんこだったからだ。毎日車で5,6キロ先の公園まで行き、そこの遊歩道を散歩するという何ともまぁ贅沢な幼少期を過ごした。ポチ森も大好きで、ポチ森ではいつもマイペースでのびのび遊んでいた。

そんなわんこだったが、今では、トコトコ・・・トコトコ興味津々の顔して歩いている、散歩が大好きな子に成長してくれた。
ただ一つ、困ったことがあった。

それは、散歩中、車車(RV)に吠えて飛びびかかることだ。危ないし恥ずかしい・・・と思っていた。でも主人の一言で考えが変わった。「好きにさせてやれ!吠えさせてやれ!」主人は、娘にも甘かったが犬にはもっと甘い!でもこの言葉には納得した。犬に吠えるな!なんて、人間から言葉をとってしまうのと同じだと、まず犬のメッセージを受け取らなきゃ!とわたしの考えがかわった。

こうして、普段は無駄吠えなどしない我が家のわんこは、散歩中、車に吠えかかるのだけは許された。しつけ知らずと笑われてしまうかもしれないが・・・間違ってるかもしれないが・・・勝手な我が家流の見守り方だった。こっちの心に余裕ができたら犬の気持ちが見えてきた。

犬に気付きスピードをゆるめて通っていく車のことは、おだやかな顔をして見送る
スピードが遅い車には飛びかからない
スピードを出して走り去って行くダッシュ(走り出すさま)車には、「わん!」と一声
いつも乱暴な走り方の車のことは私より早く覚えた。そしていち早く飛びかかる体制に入り、「わんわんわん!」怒っているexclamation×2

そう!Dont drive so fast! Be careful!
交通安全を呼びかけているように思えてきた。

我が家のわんこはポチ森交通課のおまわりさんになれるかも・・・??(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 11:14| 日記