2009年06月05日

わんちゃんの天国での幸せを祈って・・・

ポチ森で葬儀があった。
雨が降る中お母さんとひとりの男の子・・・小学校6年生か中学1年生ぐらいかな・・・が立っていた。
その涙を見れば、いろんな事が想像できた。

きっとわんちゃんとその男の子は、大の仲良しだったのだろう。
いっぱい一緒に遊び、笑い合ったのだろう。
きっとわんちゃんの温かさに助けてもらったこともあるだろう。

私が今日見た男の子は、涙がとまらなかったけど、私にはわんちゃんと一緒に笑っている男の子がふと見えたような気がした。

わんちゃんは、「ありがとう」と言ってくれてるよ。

わんちゃんはこれからもずっとそばにいてくれるよ。

そしてこれからあなたが前を向いて生きていけるよう、
わんちゃんは見ててくれるよ、そしていつも守ってくれるよ。


声をかけることは出来なかったけれど、その男の子に届けたかった言葉です。
posted by ポチ森スタッフ at 15:18| 日記