2010年06月28日

犬ってどんな色の世界で生きているの?

最近ちょっと気になっていることがある。
犬ってどんなふうに世の中が見えているのだろう?
どんな色の世界で生きているのだろう?


私が犬をはじめて飼った頃・・・約30年も前のことだからかなり昔の話だが、「犬は色盲、白黒の世界」と言われていた。だからずっと「そうなんだろうな〜」と思ってきた。でも最近我が家のわんこを見ていると「犬って色が分かっているかも・・・」と思うようになってきた。

我が家のわんこは、以前ブログでも紹介させてもらったことがあるが、野菜・果物が大好きだ。
今回はその中のリンゴとトマトのお話。
我が家のわんこ、野菜が大好き!とは言っても苦手な野菜もあり、りんごは大好きだが、トマトはちょっと苦手。だからリンゴをシャキッと切る音がするとどこにいても飛んできてダッシュ(走り出すさま)お座りするが、トマトを切る音には全く無関心。

ところが冷蔵庫からトマトを取り出すのを目目で見ると、嬉しそうぴかぴか(新しい)に急いでお座りする。
赤いトマトリンゴと間違えているのだろうか?それとも丸い形からリンゴと間違えたのだろうか?いやなら玉ねぎも丸く大きさも似ている、でも玉ねぎとリンゴは間違えたりしない。ということはやっぱり赤いトマトと赤いリンゴが同じに見えるのだ。
赤い色が分かっているとしか思えない。
赤く見えていないにしても色の区別がついているような気がする。

そんなことが続いたので、「犬の目」についてネットで調べてみた。説は色々・・・
★青・緑・その混合色を見ており、「赤は認識できない」
★灰色と緑が分かるくらいでほとんど色盲
★少なくとも光の三原色「赤・青・緑」は認識している
等など諸説があった。
確かなのは人と犬の見ている世界は違う。
本当のところはまだ解明されていない。ということのようだ。


結局犬がどんな色の世界で生きているかは、私にとっては謎のままであるが、我が家のわんこは、今日もトマトをリンゴと間違えて、嬉しそうな顔をしてお座りしている。りんごじゃなかった時のがっかり顔たらーっ(汗)がかわいそうなので、最近冷蔵庫からトマトを取り出すときは見えないように気をつけている。

でも学習能力が優れている犬のこと、間違えを繰り返しながら、いつかきっとトマトとリンゴの区別をつけることだろう。どこで区別をつけるのか、ちょっと楽しみな私です(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 00:56| 日記

2010年06月24日

苑長、朝から大忙し!

苑長 サラダ
 
梅雨雨の時期に入り、苑長はますます忙しい毎日を送っている。
今日は朝から久しぶりに青空が広がり、ポチ森も木々がきらきらしていた。
そんな中苑長は、グランドの整備をしていた。
昨日までの雨でベチャベチャのグランドを鍬で掘りおこしながら整備していた。
そうすれば早く水がはける。
お天気になってわんちゃん達が遊びにきてくれた時に、快適に走り回れるようにとの苑長の思いからだろう。

今日明日は晴れの予報晴れポチ森大好きわんちゃん達が楽しい時を過ごせますように(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 10:57| 日記