2010年05月07日

5月5日は、幸せいっぱいポチ森「愛犬の日」!

大型連休最終日の5月5日は「こどもの日」朝から晴れ青空が広がり、夏を思わせる陽気となった。ポチ森では、「こどもの日」にちなんで、「愛犬の日」と題して、ゲーム大会が開催された。たくさんのわんちゃん・オーナーさんが集まってくれて楽しい一日となった。

「こどもの日」とは、国民の祝日に関する法律によると、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」といった趣旨がある。ならポチ森「愛犬の日」は、「愛犬の犬格を重んじ、愛犬の幸福をはかるとともに、母に感謝する」日でありたい。
そんな思いを込め一日がスタートした。

Dogボランティアクラブの皆さんの進行で始まったゲーム大会、坂本先生のしつけ方についてのお話に耳を傾けながら「待てゲーム」「おあずけゲーム」「おいでゲーム」と、たくさんのわんちゃんとオーナーさんが参加してくれた。
smallP1020591.jpg smallP1020590.jpg

盛り上がったのは、「うちの子いちばん」一発芸!わん芸大会
見事な鼻芸、ダンスのようなお手るんるんそして犬のストレッチと・・・いろんな一発芸を披露してくれた。「やっぱりうちの子がいちばん」うなずける。どのわんちゃんもオーナさんの目を見て真剣、文句なくかわいい。
smallP1020639.jpg smallP1020636.jpg smallP1020645.jpg smallDSC04863.jpg

しつけで大切なのは、「アイコンタクト」「必ず成功&ほめるで終わること」と坂本先生が話されていた。「愛犬の心を大切にして愛犬をよく知り理解することが大切」かなと私なりに解釈してみた。

そして坂本先生の三つの「手」のお話。
わんちゃんにとって「おいしい手」になろう。ごはんをくれる「おいしい手」になろう
わんちゃんにとって「優しい手」になろう。優しく撫でてくれる「優しい手」になろう。
わんちゃんにとって「楽しい手」になろう。散歩に連れて行ってくれる「楽しい手」になろう。

私も我が家のわんこにとって、こんな三つの手でずっとあり続けたい。

ポチ森「愛犬の日」たくさんの幸せなわんちゃんに会えてよかった(#^.^#)
posted by ポチ森スタッフ at 11:29| 日記