2009年10月10日

ポチ森に架かった七色の虹

台風台風が通りすぎた次の日、「ポチ森は大丈夫だったかな〜?」と思いながら、ポチ森に行くと、早速苑長が嬉しそうに、デジカメカメラで撮った一枚の写真を見せてくれた。
hosei-smallDSC04563.jpg
それは、台風が通り過ぎた後の空に架かった七色の虹の写真だった。まるでポチ森に架かっているかのような虹、台風で落ちた葉っぱの掃除が一段落した苑長が空を見上げた時に現れた虹だったそう。

落ち葉掃除の疲れも忘れ、虹をデジカメに収めた苑長でした。
そういえば、主人も以前、「虹が出た!」と得意そうに携帯で写真をphone to送ってきたことがあった。
66歳の苑長と50歳にもう手が届きそうな主人、いくつになっても一瞬の虹に感動してカメラを撮る姿を想像して私はちょっと嬉しくなった。

虹は、たまにしか見ることが出来ないから、見つけるとつい嬉しくなって幸せな気分になれる。

虹の上を歩いたらどこに行けるのだろう?雲の上に乗ったら気持ちいいだろうな〜!なんて真剣に思っていた小さい頃が懐かしい。
そんな頃にはもどれないけれど・・・せめて虹を見つけた時ふと立ち止まって、「虹が見れて幸せだな〜ぴかぴか(新しい)」と思える自分でいたい。そんなことを思わせてくれた一枚の虹の写真だった。
posted by ポチ森スタッフ at 15:33| 日記