2009年10月23日

わんわんWanDay来週日曜日開催!

今日は『わんわんWanDay』の営業会議がポチ森のグランドで開かれた。

出席者は、苑長に、営業部長の結太、警備部長のサラダ、しつけ訓練犬のさくら

trimming-smallDSC04600.jpg「ゲームの内容は、これでいいかな?」
「「景品プレゼントは揃ったかな?」
「グランドで危険な箇所はないかな?」
「披露する芸の練習は進んでるかな?」

晴れお天気になりますように晴れ
るんるん楽しい一日になりますようにるんるん


イベント『わんわんWanDay』
来週日曜日11月1日午前10時より開催します。

みんなおいでよ!みんなで遊ぼう!

待ってるねわーい(嬉しい顔)

posted by ポチ森スタッフ at 10:58| 日記

2009年10月22日

ポチ森に沈む夕日

ぴかぴか(新しい)西の空に赤く染まったきれいな夕焼けがポチ森から見えた。ぴかぴか(新しい)
trimming-smallDSC04591.jpg
ポチ森にいると日常の生活を忘れ、夕日が沈む瞬間にまで心を向けることができるから不思議だ。きっとそれがポチ森の魅力なんだろう。
「明日も晴れ晴れだな〜」なんて思いながら昔を思い出していた。

『夕焼けしたら明日は晴れだよ』と、母の言葉を信じていた子供の頃、それは、大体当たっていた、でもはずれたことがあった。修学旅行の前日あんなにきれいな夕焼けが見えたのに次の日は、朝から雨雨。ぜったい納得できないままちっ(怒った顔)不機嫌にかっぱを着た私がいたことを思い出した。

あれから何十年???でもやっぱり今の私も夕焼けを見ると「明日は晴れ晴れ!」と喜んでしまう。我が家のわんこと朝夕の散歩が日課になってもうすぐ3年、雨だとがっかり顔の我が家のわんこのことを思うとやっぱり晴れ晴れは嬉しいわーい(嬉しい顔)

雨雲は南西から北東に移動するから、夕焼けの次の日は晴れの可能性は高い、でもそうでない時があることも頭に入れておかなければ・・・我が家のわんこと私、不機嫌にならないように(*^。^*)
posted by ポチ森スタッフ at 13:04| 日記

2009年10月16日

サラダ、結太来苑で「うれしいナ!」

ある日の午後 結太来苑!
うつらうつら・・・いやいやグーグー眠い(睡眠)いびきをかいで寝ていたサラダ
聞き覚えのある車の音と結太の足音にむっくり起き上がり揺れるハートそわそわ揺れるハート

smallDSC04550.jpg結太と並ぶとサラダが小さくみえる・・・優しい目をしたりりしい姿の結太です。





smallDSC04553.jpgぴかぴか(新しい)いつの間にか遊びに夢中、日が暮れるまでじゃれ合っていたサラダと結太でした。ぴかぴか(新しい)




smallDSC04562.jpgさてさてサラダと結太、今後のふたりの行方はどうなるかな??
サラダの子供を早く抱きたい苑長・・・ちょっぴり気になる今日この頃です。


実現することを願って(#^.^#)


posted by ポチ森スタッフ at 10:28| 日記

2009年10月12日

寒がり家族はこたつ大好き!

wagayanowannko-rogo4-1.gif
10,11,12日と晴れ秋晴れが続いた連休、我が家のリビングにこたつが登場した。

誰もが「早い!」と口を揃えて言っているのが聞こえてくる気もするが、我が家の家族はみんな寒がり、こたつを出すことに「早くない???」なんて言う人はいない、全員・・・と言っても三人だが・・・大賛成!あっという間にあったかいこたつが出来上がった。

電源を入れなくても、こたつがあるだけで、部屋が暖かくなった気がするから不思議だ。

そんな我が家のわんこ、当然だが寒がりだ!生後2ヶ月の頃から一緒に生活し三度目の冬を迎える我が家のわんこ、寒がりになるのも無理はない。
今年も早いこたつの登場に我が家のわんこの顔がわーい(嬉しい顔)「あっ!こたつだ!」と一瞬嬉しい顔るんるんをしたように見えたのは私だけだろうか??

smallP1020234.jpg早速こたつに顔を突っ込み、お尻としっぽだけ出して寝ていた我が家のわんこでした(#^.^#)


posted by ポチ森スタッフ at 23:44| 日記

2009年10月10日

ポチ森に架かった七色の虹

台風台風が通りすぎた次の日、「ポチ森は大丈夫だったかな〜?」と思いながら、ポチ森に行くと、早速苑長が嬉しそうに、デジカメカメラで撮った一枚の写真を見せてくれた。
hosei-smallDSC04563.jpg
それは、台風が通り過ぎた後の空に架かった七色の虹の写真だった。まるでポチ森に架かっているかのような虹、台風で落ちた葉っぱの掃除が一段落した苑長が空を見上げた時に現れた虹だったそう。

落ち葉掃除の疲れも忘れ、虹をデジカメに収めた苑長でした。
そういえば、主人も以前、「虹が出た!」と得意そうに携帯で写真をphone to送ってきたことがあった。
66歳の苑長と50歳にもう手が届きそうな主人、いくつになっても一瞬の虹に感動してカメラを撮る姿を想像して私はちょっと嬉しくなった。

虹は、たまにしか見ることが出来ないから、見つけるとつい嬉しくなって幸せな気分になれる。

虹の上を歩いたらどこに行けるのだろう?雲の上に乗ったら気持ちいいだろうな〜!なんて真剣に思っていた小さい頃が懐かしい。
そんな頃にはもどれないけれど・・・せめて虹を見つけた時ふと立ち止まって、「虹が見れて幸せだな〜ぴかぴか(新しい)」と思える自分でいたい。そんなことを思わせてくれた一枚の虹の写真だった。
posted by ポチ森スタッフ at 15:33| 日記